わかっていたこと

環境省は21日、国内で自然エネルギーを導入した場合にどの程度の発電量が見込めるか、試算した結果を発表した。風力発電を普及できる余地が最も大きく、 低い稼働率を考慮しても、最大で原発40基分の発電量が見込める結果となった。風の強い東北地方では、原発3~11基分が風力でまかなえる計算だ。

同省は震災復興にあたり、風力発電を含めた自然エネルギーの導入を提案していく方針だ。
(2011年4月22日 朝日新聞社)

 

友達のブログから、以上のニュースを見た。

でも、これは本当はわかっていたこと。。。今頃。。。

 

でも、今からでも遅くはない!

福島の件をきっかけに、少しづつ自然エネルギーへと移行していくべきだ。

もう同じような事件を起こしてはならない。

福島の人の悲しみや苦しみを無にしては、決してならない。

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

コメントフィード

トラックバックURL: http://blog.pecori.org/archives/65/trackback